閉じる
メニュー
ソーシャルプロフィール

ファクタリングの必要性を知る

会社経営をしているときには、頭を悩ますものの一つに資金関係があります。潤沢な資金を所有していれば別ですが、多くの中小企業の経営者はお金に悩まされることが少なくありません。例えば、来月の事業資金をどのように考えていくかは経営者にとって大きな悩みのタネです。銀行からお金を借りるにしても、担保などがなければなかなか貸してくれないため担保を所有していない場合にはそのまま事業が行き詰まってしまいます。

そこで、ファクタリングを利用する方法を理解しておいた方がよいです。ファクタリングとは、売掛金を所有している会社経営者が、その売掛金をファクタリング業者に譲渡することにより、お金を手に入れる方法です。売掛金は通常、すぐに現金化されませんので現金化される前に資金繰りが苦しくなってしまう可能性があります。そのため、早い段階で売掛金をファクタリング業者に手渡し、その代わりにお金を手に入れることが必要になります。

ファクタリングで注意するべき点

ファクタリングで注意するべき点は、債権譲渡をするとき相手方に承認を得なければならないことです。売掛金をファクタリング会社に手渡す時には債権譲渡と呼ばれる行為になります。この債権譲渡は、取引き先の会社に承諾を得なければなりません。承諾をしてくれなければ、そもそも債権譲渡が成立しなくなってしまいます。仮に承諾したとしても、売掛金を譲渡することは売掛金を所有していた会社の経営があまり順調ではないことが取引き先の相手会社にばれてしまいます。そのため、気になる場合には売掛金の譲渡をしない方法でファクタリングを行ってもよいでしょう。

ファクタリングを利用することで、売掛け金などをいち早く回収できます。これによって、売掛先の企業が倒産してお金が支払われないというリスクを避けることができます。

閉じる

Calendar

2019年8月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031