閉じる
メニュー
ソーシャルプロフィール

優秀な高校に行くなら中一から行く

公立の中学を卒業して高校に進学するとき、中高一貫校で無ければ必ず受験が必要になります。優秀な高校と言われるようなところだと一定の内申点がある上で入試でも一定の点数を取る必要があるので、それなりに勉強などができていないといけないでしょう。ではいつ頃から塾に行くべきかですが、できれば中一の時から行く方がいいかも知れません。高校進学を見据えるなら中三の春ぐらいからでも良さそうですが、勉強の仕方などが分からないと勉強に慣れるまで一定時間を要します。三年になる前から塾に通った場合、勉強ができる人に比べると遅れを取る形になり追いつけないかもしれません。中一から行けば中学二年までに塾で勉強の仕方を身に着け、ライバルに差をつけられるでしょう。

中三の夏休みぐらいから塾に行く

中学生の塾の利用率が高まっていて、生徒の半分ぐらいは何らかの塾に通っているようです。優秀な高校に進学するために利用する人もいれば、学校の授業の補修的な目的で利用している人もいます。一方で半分くらいの人は塾に行かずに学校と自己学習のみで勉強をしていますが、思い通りの勉強ができていないなら塾の利用も考えなくてはいけません。遅くとも中三の夏休みぐらいからなら受験までに間に合わせられるでしょう。中三は期末試験の結果が内申点に影響するのでできれば中三の春から行っておくほうがいいでしょうが、一学期はまだクラブ活動をしている人もいます。クラブは夏休みぐらいから活動が終わるので、その後に塾に専念でき勉強もしやすくなるでしょう。

個別指導の良い所は、個人に合わせた指導が可能な点です。集団指導では着いてこれない人がいても、その人に時間をかけることはできませんが、それが可能となります。

閉じる

Calendar

2019年8月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031